ホーム>スタッフブログ>学長の一言>【平成28年度 第3回北辰テスト 英語】テクニックだけで解いてみた。
学長の一言

【平成28年度 第3回北辰テスト 英語】テクニックだけで解いてみた。


【平成28年度 第3回北辰テスト 英語】テクニックだけで解いてみた。

普段は【質より量】を提案していますが、

テストまで間に合わない。
テストの点数が伸び悩んでいる。
楽して点数がとりたい。

生徒向けの《受験テクニック》《模試テクニック》を指導する講座です。

入試・模試・北辰テストなら、5教科で150点以上UP可能!

決して悪いことを教えるわけではありません!
高得点とっている子は、自然と子のテクニックが使えています。
これは、高校受験だけではなく、大学受験にも役立てることができるテクニックです!


《英語》

リスニング「正答率を上げるための準備方法」
図表問題「図表から答えを見つける方法」
英作文「考えなくても得点をとる方法」
英文法「選択肢を一瞬で絞る方法」
会話文「通目すべきポイントを探す方法」
長文読解「内容一致、空所補充など具体的な解法方法」

《数学》

埼玉県は平成29年から学力試験問題が改善されます。さらにテクニックが有効になります。

文字式「頻出問題を押さえるための具体的方法」
資料の活用「グラフ問題を確実に正答するための方法」
関数「関数問題を簡単にする方法」
平面図形「図形を見ただけで、解き方がわかる方法」
空間図形「考え方を変えるだけで、簡単な問題にする方法」
ほか、方程式、確率問題など

《国語》

小説「重要ワードから正解を見つける方法」
説明文「重要ワードから正解を見つける方法」
古文、文法などは、暗記ではなく、読解法や選択肢の解法などのテクニックを教えます。

《理科》

分野別の得点UP方法
資料の読解法で、正答率を50%UPさせる方法
実験問題の正答方法
暗記しなくても、得点UPを狙うテクニックです。「今のまま」でも得点UP出来ます。

《社会》

資料の読解法で、正答率を50%UPさせる方法
資料を確実に有効利用する方法
歴史の得点UPの方法
わからない問題の正解率を上げる方法
暗記しなくても、得点UPを狙うテクニックです。「今のまま」でも得点UP出来ます。



………………………………………………………………………………………………………………



今回は、【平成28年度 第3回北辰テスト 英語】の《1 リスニング 問題6》のテクニック解法です。



このような問題です。

201768145414.png

まず、リスニングで大切なのは、

①放送が始まる前(問題の説明の時)に選択肢から、事前に聞かれることを確認し、話の内容を推測しておく

②1回目の放送が終わって質問を聞き、その質問のキーワードを意識して聞く。

これだけです。 いままで、問題が始まるまで待っていただけだったら、これをするだけで劇的に得点が上がります。問題文を読んでチェックするのはこんなところです。 201768145514.png

だれでも、出来ると思います。

(1)2000円をもらったのはいつ?

(2)CD買って昼食食べて、他に何買った?

(3)何が買いたいからお母さんがお金を上げる気になった?

こんな感じでしょう。

問題を聞いていけば素直な問題で、「いつ」を表すワードは一つしか出てこないし

「CD・・・ランチ・・・答え」という順番に話してくれています。

予測していれば、そのままかけば正解になります。

 

(3)は、これも王道の問題です。

模試・受験なんかは《常識的な話しかしません》←意外と重要!

旅行にいたら→楽しかったし
留学したら→良い経験になったし・・

そんな感じです。決して

旅行に行って→つまんなかった。
留学行って→意味がなかった。

という文章は出てきません。

これだけで、選択肢が絞れるよね。 では、これをふまえて

 

(3)の問題をカンで答えてみましょう!

(3)何が買いたいからお母さんがお金を上げる気になった?

A:スマホゲームの課金をするため
B:お花を買うため
C:参考書を買うため
D:アイドルのコンサートに行くため このような選択肢があったらどうでしょう??

 

 

《常識的に考えて》 Aはないよね^^;

「うちのお母さんは買ってくれるよ」と言ってくる生徒もいるんだけど、いいお母さんをもったんだろうけど、一般的に考えて違うよね^^;

Dも微妙。もし「ももいろクローバーZのコンサートに行きたいからお金頂戴!」っていったらどんな答えが返ってくるかな?「お金を貯めて買いなさい」って言われるのが一般的ではないかな?よってDも違う。

 

だから、答えはBかCになるんだよね!

適当に答えても、正解率が25%から50%にUPしています。

で、会話文に「フラワー」なんて出てきたら、Bだし「教科の単語」が出てきたらCが答えだということです。

 

実際の正解は「数学の本」なんだけど、勉強の本を買いたい!とおねだりしたらお母さんもお小遣いを上げないわけにはいかないと思うんだ!

これが《常識》 このように、常に高得点を取る人は、常に選択肢を消していって、正解率を上げていく作業をしています。

これ読んだだけで、出来るよな気持ちになったんじゃないかな??

頑張っていきましょう!!

 

リスニングの解法テクニック

①放送が始まる前(問題の説明の時)に選択肢から、事前に聞かれることを確認し、話の内容を推測しておく

②1回目の放送が終わって質問を聞き、その質問のキーワードを意識して聞く。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

このような模試・受験に必要なテクニックを短期講習で指導しています。

5教科で150点UPも可能なテクニックです。

詳しくはこちら!

越谷・春日部・吉川・松伏から参加している生徒が多いです!

友達と一緒の参加でお得になります!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wisemeschool.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/365