ホーム>スタッフブログ>2017年8月

2017年8月

【北辰対策】数学全公式~例題付き

結構重要な北辰テストが日曜日に行われます!

松伏の生徒も結構な確率で受けに行くのではないでしょうか?

「何勉強したいいかわからない~」

なんて話も聞きます。

いままで勉強してきたことをやるだけです。

 

でも、ちょっとでも不安を解消したい生徒は、数学の公式の確認だけでもしてみたらどうでしょうか?

 

《球》の表面積・体積なんて絶対忘れています。語呂合わせ付きでのせていますのでどうぞ!!

 

2017831112744.pdf(数学公式全集)

北辰テスト 今年も驚きの結果!簡単に点数を取る方法!

テストの点数が良いこと悪い子のたった一つの「差」

北辰テスト勉強方法 必須3項目

《中学・高校・大学》難関校を受験するなら先取り教育が有利

《中学・高校・大学》難関校を受験するなら先取り教育が有利

スーパー飛び級コース【モニター募集】

 

先取り教育といっても《しっかりとした先取り教育》です。

先取り教育といっても、1単元2単元先の予習ではありません《三年先の先取り教育》です。

 

スーパー飛び級コースでは、《しっかりとした先取り教育》《三年以上の先取り教育》を目標にしています。

 

なぜ、難関校を受験するのに《しっかりとした先取り教育》《三年以上の先取り教育》が必要になってくるのでしょう???

①まず、受験が楽になります。安心できます。

 高校受験を例にとりましょう。

 「スーパー飛び級学習」をしている生徒は、高校受験をする中3の時には、高校の学習もほぼ学習しています。

 高校3年生が中学3年生の問題を解いたら、簡単に解けませんか??

 6年生のお兄ちゃんが3年生の妹の宿題をみて「簡単でいいな~」なんて言ってませんか??

 このような状態を作ります!

 いざ受験を迎えた時、本人もお母さんも安心だともいます。

 また、定期テストもよい復習の時期だと考えれば、大変都合の良いものとなります。

 

 受験問題でも、特に中学受験では学校の授業を受けているだけでは解答することができないような問題ばかり出題されます。

 わかりやすい問題がありましたので紹介します。

 名門 開成中学校の入試問題です。

 201783021547.png

赤丸の問題。

高校受験のまじかの中3生が解いたら、わりと解きやすい問題なのではないでしょうか?

なぜなら、三平方の定理を使えば、とても簡単に解ける問題だからです。

でも、小6がこの問題を解くとなると、特別な学習が必要となります。

 

わざわざ特別な学習をするよりも、後に習うんだから早めに学習をして、簡単に問題を解いてしまったほうが効率がいいと思うのは僕だけでしょうか?

 

②合格した後も、難関校でトップクラスにいられます。

 結構多いのが、難関中学・難関高校を合格したらそれでいい!みたいな考えの保護者さんです。

 実は、難関高校に合格した後が大変なのです。 

 実力が同じ生徒が集まるわけですから、学年でトップの可能性もあれば、ビリになってしまう可能性もあります。

 また、難関校に進学するぐらいですから、さらに難関校を受験することを目標にしていると思います。

 例えば、難関国立大学。

 ここを合格するためには、難関高校のトップにいなければ、合格は無理です。トップにいるための勉強を一生懸命やっていても、受験勉強もしなくてはいけないので、厳しい状況になります。

 だから、先取り教育なのです!

 スーパー飛び級学習では、難関校に入ってつまづいてしまった子の学習再生も行っています。時間さえもらえれば、確実に再生しトップクラスに修正します。

 

③私立中学・私立高校は宿題が多い

 ちょっと話がずれてしまいますが、私立中学・私立高校なんかは、宿題が多いです。

 なぜなら、指導のカバーを演習の量でカバーするという方法をとっているからです。

 効率は悪いですが、宿題はやらなくてはなりません。

 これも、①と考え方が同じで、「3学年下の宿題をやるのは簡単ではないですか?」ということです。

 

 

難関校に入って、勉強勉強また勉強・・・それも青春だと思います。

ただ、せっかくの学生生活。部活も恋愛もいろいろと経験してもらいたいではないですか!

難関校に入り文武両道の生活をしていくためには、圧倒的な先取り教育か生まれながらの天才でなければ、不可能だと思います。

 

2020年、教育が変わり、まずは学習のスコアで人間を評価する時代がやってきます。

小学2年生からしっかりとした学習を始めれば、難関国立大学に合格出来るようなカリキュラムで学習しています!

 

お子様の将来の夢の実現のために、

お子様の将来の幸せのために、

ぜひ、スーパー飛び級学習をさせてみませんか??

 

北辰テスト 今年も驚きの結果!簡単に点数を取る方法!

夏期スーパーキッズプロジェクト~受験の部~

北辰テストの過去問題をやってもらっています。

本当は家でやってもらえればいいですけど、勉強が嫌いな子はなかなか家で過去問をやる機会がないと思うので、最後にやってもらっています。

今日は、英語をやってもらいました。

 

夏期講習の中3の英語は【長文読解】と【英単語】を中心に学習します。

長文読解は、《単語が解らなくても解ける解法》を学びながら、《英検3級を目標とした》英単語を学習。

とにかく、「このやり方で解いてください」と、洗脳して^^;頑張ってもらいました。

 

英語は苦手な子が多く、偏差値も40前半の子が多くいます。

単語も覚えるのが苦手です。てか、覚える気がありません。

このような子に、どう得点させるか?どう勉強させるか?

 

難しい問題です。

 

本当難しいのです。苦手意識を持った子に長文読解を解かせることは・・・

大抵の子は、問題を見ただけで

「わかんね~」

になっちゃいますから・・・^^;

 

でも、ここはこちらの勝負所で

「こうやって解けば簡単でしょ?」

「こうやって解けば、単語なんて覚えなくても解けるでしょ?」

なんて、声をかけながら頑張ってもらいました!

 

 

で、そのような子が《単語が解らなくても解ける解法》などを訓練して、どのような結果が出せたか?

 

大抵の子が、偏差値50~60前半の間の点数をGETしていました。
(その年度の点数参照)

 

もちろん、思うように点数が伸びなかった子もいます。

その子は、

自己流のやり方で問題を解いている。

このパターンの子です。

 

どうやって答えをだしたか尋ねると、ほとんどが

「文章を読んで」
「わからないからカン」

と答えます。

「このやり方でやった?」

と聞くと

「やらなかった」と答えます・・・・

自分のやり方を捨てるのが面倒なのだと思います。人の考えを自分に入れるのは大変疲れることですからね・・・・

 

出来る子の自己流と、出来ない子の自己流の意味内容は全く違います。

 

出来ない子の「自分でやる」は大抵間違ったやり方です。

だから、できるようにならないのです。

 

素直な子が伸びる!というのは、

 

自己流を捨てられることができるから、伸びるのでしょう!

 

「成功体験」をさせてあげることができれば、自信につながります。

 

夏休みの頑張りが、そのきっかけになってくれればいいな~なんて思っています!

 

 

 

 

興味あるある方はどうぞ参考にしてください!

入試・模試・北辰テストなら、5教科で150点以上UP可能!

内容の一部を北辰テストの過去問で公開中!

【門外不出】これだけ使いこなせれば150点UP!5教科版

【2017年度第4回北辰テスト】出来るようになる指導書

北辰テスト・公立受験【理科・社会】ここだけ暗記しとけば なる

テクニック講習(3時間×1日×1教科)
松伏以外の地区の生徒も受け入れています※要申し込み)

テストの点数が良いこと悪い子のたった一つの「差」

スーパー飛び級特進ワイズミースクール(松伏校)の夏期スーパーキッズプロジェクトも仕上げに入っています。

北辰テストの過去問題を解いてもらっているんですけど

「今まで勉強したの意味ないじゃん・・・」

「入った時からこれ教えてよ・・・・」

なんて、寂しい声もチラホラ・・

 

今回は27年度の過去問題を、解法テクニックを指導後、やってもらっているですけど

テクニックだけで国語は 85点は取れてしまう・・・・
漢字はさすがにテクニックではできないので・・

英語は単語解らなくても80点は取れてしまう・・・・
夏休みあんなに長文読解練習したのに・・・・

 

ま~そんなこと言わないで、問題が簡単になるということはよいことだから!

テクニックは問題を解きやすくして、演習はその答えを確実にします!

だから、決して無駄ではないということをわかってほしいです!

あくまでも、スーパーキッズは100点目標です!

 

 

 

でも、そんなかどうしても点数が上がらない子がいます。

 

その子は、面倒くさがりなのです。

 

出来ることをやろうとしないで、わからないを言ってしまう子なのです。

テクニックを使えない子は、この差があります。

 

ま~そもそも面倒なことを我慢できない子は何をやってもできませんが・・・・・

 

「我慢する力」も育てていきましょう!!

 

 

 

 

興味あるある方はどうぞ参考にしてください!

入試・模試・北辰テストなら、5教科で150点以上UP可能!

内容の一部を北辰テストの過去問で公開中!

【門外不出】これだけ使いこなせれば150点UP!5教科版

【2017年度第4回北辰テスト】出来るようになる指導書

北辰テスト・公立受験【理科・社会】ここだけ暗記しとけば なる

テクニック講習(3時間×1日×1教科)
松伏以外の地区の生徒も受け入れています※要申し込み)

 

2017829103447.jpg

 

北辰テスト勉強方法 必須3項目

得点できる問題を落とさないようにしよう

応用問題も基礎問題の塊です。

得点できる問題をしっかり得点できるようにしておけば、あとは解法と経験です!

「わからなくても考える」勉強をしときましょう!

わかっている問題は、必ず得点しておきましょう!

《数学》《英語》基礎+ちょい応用が全範囲1問ずつ確認できる問題集です。
       期間無用配布しています!

 

ケアレスミス対策をしておきましょう!

大抵の先生や塾の先生は「しっかり見直しをしてケアレスミスをなくそう」と指導していると思います。

ただ、ただでさえ時間がないのに、全範囲見直しなんかで出来ないと思います。

出来る先生のケアレスミス対応方法は

『自分がケアレスミスをする問題を把握しておこう』です。

そうすれば、チェックする場所も少なく、確実にケアレスミス対策もできます。

(全問題見直しをしっかりできればいいのですが、それができないから毎回ケアレスミスをするのです)

ケアレスミス発見の方法ですが、公立受験・北辰テストの過去問題なんかがいいのではないでしょうか?

時間を計って問題を解いてみる

〇付けをする

出来るのに間違っている問題を確認
(このミスがケアレスミスです)

例えば、数学だったら「マイナスの書き忘れ」「移行時の符号変換忘れ」などいろいろ考えられます。

1度間違えたところが、自分がケアレスミスをするところです。

本番のテストでは、そこだけを確認していけば、効率よくケアレスミスを防ぐことができます!

 

過去問をやるのに、否定的な人もいますが

「過去問が意味なかったら、過去問を出している意味がない」

これ、持論です。

北辰テストの会社が過去問題を販売しています。もちろんお金儲けをするためです^^;

「過去問がまったく意味ないです」ってことになったら、売れなくなりますよね!

もちろん、まるっきり同じ問題は出ませんが、言葉を変えて同じもんだができことなんかはよくあります!

問題集だと思って解いてみましょう!

 

問題を解く方法を学ぶ

頑張っても頑張っても点数が伸びないのは《解法》を勉強してないからです。

いわゆる、テクニックっていやつですが、この方法を知っていると知らないとでは本当に5教科150点は違うと思います。

国語も簡単になります。古文が確実な得点源になったりもします。問題を読まなくても、答えられるよな問題もあります。

英語の長文読解も、いちいち訳す必要がなくなります。

こんな簡単だったんだ~と絶対思うはずです。

もちろん、絶対に覚えていなくてはいけない個所もあります。

ただ、それだけ覚えてしまえば、大抵はテクニックでカバー出来ます。

テクニックを学ぶ方法は、学校の先生・学習塾の先生に聞くことが1番です。

もし「とにかくたくさんの問題を解け」とか「基礎をしっかり」とかの残念な答えが返ってきてしまった場合は、ここに解法を置いておきます。

興味あるある方はどうぞ参考にしてください!

入試・模試・北辰テストなら、5教科で150点以上UP可能!

内容の一部を北辰テストの過去問で公開中!

【門外不出】これだけ使いこなせれば150点UP!5教科版

【2017年度第4回北辰テスト】出来るようになる指導書

北辰テスト・公立受験【理科・社会】ここだけ暗記しとけば なる

テクニック講習(3時間×1日×1教科)
松伏以外の地区の生徒も受け入れています※要申し込み)

 

でもでも、結局は日々の勉強が自信と確実な得点につながるのは事実です!

受験なんて、終わればあっという間です。

高校合格ではなく、自分の将来の幸せのために頑張りましょう!!

ここで頑張れなかった子は、必ず将来後悔します。

「しっかり勉強しておけばよかった・・・・」と・・・

 

2017828153145.jpg

【出来るようになる指導書】第4回北辰テスト 英語 国語 数学

平成27年第4回北辰テストの指導書を作成しました。

 

模試・高校受験などの特別な解法を用いての指導書

 テクニックを使うと、ケアレスミスもなくなり、短時間で解け、わからなくても問題が解けます。
 使いこなせれば、5教科150点UP!(簡単に使いこなせます。要は、知っているか知っていないかです

 

国語は「間違えた時どのように指導すれば出来るようになるのか」の問題付き

 ときかく問題数を解け!みたいなやり方はしません。しっかり国語を指導できます!

 

塾の先生や学校の先生が【北辰テスト対策】に使用すると、あなたの塾の価値、先生としての価値がぐっと上がります!

 

ただ単に、問題の解き方をのせているのではありません!

 

8/28にUP致します!

 

個人でダウンロードしてもOKです。

1時間限定で無料開放する予定です!

スーパー飛び級特進ワイズミースクール 松伏校公式ライン@で、無料配布のお知らせいたします)

UP終了!

43ダウンロードありがとうございました!

北辰テスト頑張りましょう!

【2017年度第4回北辰テスト】出来るようになる指導書

2017828112737.jpg

 

 

模試・受験に必要なテクニックを短期講習で指導しています。

5教科で150点UPも可能なテクニックです。

詳しくはこちら!

越谷・春日部・吉川・松伏から参加している生徒が多いです!

友達と一緒の参加でお得になります!

 

《レベルが解るプリント教材配布》市販の問題集の選び方

いつから勉強をさせるのか?

何をしたらいいのか?

何をさせたらいいのか?

何を用意したらいいのか??

悩むところではありますよね!

 

とくに、市販の参考書!

 

買って手付かずの参考書・問題集が山積みになっていませんか?

 

それは、子供がやる気がないのではなくて、やる気が出ない問題集だからです。

 

まず勉強はいつ始めたほうがいい?という悩み。

解答は、早ければ早いほうがいいです。何を始めるにしても

「もっと早く始めてれば・・」

なんて後悔したことはありませんか?

 

ワイズミースクールでは幼稚園児からの学習を進めています。

《幼児クラス》

 

勉強で、意外に侮ってはいけないのが小学校1.2年生の授業なんです。

そこをきっちりと理解させておけば、中学高校になってもさほど苦労しません。

なぜなら「基礎学力」を1.2先生時に学んでいるからです。

201781613827.png

 

【基礎と基本】の違い解りますか?

夏休みなど、多くの学習塾で行っている復習は《基本》です。

でも、《基礎》がしっかりしていないと、《基本》を生かせなく、同じく苦労します。そして、成績のUPにはつながりません。

2017816131059.png

 

「一番大きいのはどれ?」

2は大きさが一番大きい。
4は数字の大小で一番大きい。などいろいろ答えが出せるはずです。

「大きい」一つとってもいろいろ解釈の仕方はたくさんあります。

2017816131346.png

「大きい」「小さい」「半分」「使ったら」「増えたら」「いなくなったら」などなど

このようなワード、約200ごを小2までに学習します。

 

そんなの、大きくなればいずれかわかるようになるよ!

 

なんて、簡単に考えているかもしれません。

 

そうならいいんです。

 

でも、今ほとんどの子が、その用語を使いこなせていない状態なのは事実です。

試しにこの問題をお子様にやらせてみてください。

「基礎学力テスト」

出来ましたか??

出来なかった場合、ちょぴり焦ってくると思います。

今の子の学力は、こんな感じです。

 

2017816132834.png

 

こんな感じだからこそ、はやく学習を始めてしまったほうが将来に有効なのです。

 

学校の定期テストも、今は80点取ることはそんなに難しいことではありません。

「これさえできちゃえば、80点」っていうことだけ、やらせていればいいのです。

ただ、それだと北辰テストや高校入試の対策をまた一からしなくてななりません。

 

効率悪くないですか?

 

捨て問題(難しいから解けなくてもいい問題)を作らず、常に100点を狙う学習をしていたほうが、大変ですが将来的には断然有利です!

 

スーパー飛び級では、小2からの学習で難関国立大学を合格確約しています。そのような、カリキュラムを組んでいます!

 

幼稚園からの基礎学習小学校入学してから飛び級学習!

 

私立に行かなくとも、このような学習が地元松伏町で行うことができます!

 

ま~けっして学習塾に通わなくても家で学習できていれば、高校進学には問題はないと思います。(選ばなければデス)

ただ、これから教育のシステムが変わって、俗に言う1流大学に合格しないと、大学に行っている意味はなくなります。

ということは、一流大学に合格させてくれるような高校に入学し、トップクラスでいることが将来幸せになるための近道となります!

 

 

【家で勉強する場合】

ここに【基礎学習】のまとめテストを置いておきます。

20178161412.pdf

「級」の上の数字が見合った学年です。

簡単な問題です。お子様にやらせてみて、2.3問間違うような学年の問題集を提供してあげることを進めます。

中1だから、中1の問題集。では、手つかずの問題集が増える一方です。

意味あるの?と思えるかもしれないですけど、学年を落とし

「少し考えればできる」

内容の問題集を買ってあげることが、勉強を身に着けるためには大切だと思います!

 

頑張っていきましょう!

 

 

《松伏・越谷・春日部地区配布》生徒募集のチラシの解答

越谷地区・春日部地区からの《スーパー飛び級コース》お問い合わせが多くなっているので

少しずつではありますが、チラシを配らせてもらっています。

その裏面が、【算数・数学】の問題になっているので、その解答です!

 

《チラシ裏面解答》201781611156.pdf

 

欲を言うなら、松伏地区ももっとももっと盛り上げていきたいです!

 

2017816111627.jpg

 

スーパー飛び級特進スクールは、埼玉で唯一なので通信教育での希望も受け付けています。

私立の小中学に通っている生徒や、インターナショナルスクールに通っている生徒が主に参加しています!

 

《お母さんが先生!スーパー飛び級通信コース》

 

2017816112123.png

定期テストの提出課題が余裕をもって終わる塾

 
《夏期》スーパーキッズプロジェクトも折り返し地点です。
 
通常コースで通っている生徒は、2学期の中間・期末の頭の学習は終わっています。
 
2学期の中間テストでよい点数をGETして、自信をつけてもらいたいですね!
 
 
定期テストといえば、学校ワークの課題です。
 
松伏町は、テスト範囲のワークがテスト前の課題となっています。
 
 
毎回、作業的な感じ取り組んでいる生徒をよく見かけます。
 
 
そのような生徒のために
 
 
をワイズミースクールで作っています。
 
 
学校のワークをテキストに使い授業を進めていくので、課題も早く終わるし、定期テストの得点獲得に強くなります!
 
 
内容はは1回目はノートに取り組んで、2回目をワークに書込み実施、実質的には2周学校のワークに取り組む状態です。
 
終わった生徒は、弱点克服学習で定期テストまで学校のワークから得た知識がどれだけ定着しているかのチェックテストをしていきます。
 
また、学校のプリントやノート・教科書から問われやすいものをチェックして小さな穴を一つでも多く埋めていくきます。
 
 
 
 
成績を上げる為の授業を提供しているはずの塾だけど、テスト前に「自分で勉強したい」と生徒が休みたくなる矛盾。
 
その時に「なんで早く準備しないんだ、あれだけ言ったのに」なんて生徒の責任ばかりを追及して嘆いている塾の先生をよく見かけますね。
 
毎回テストの度に同じような生徒がいるのに、何年たっても、何十年たっても生徒側に原因を求めてばかりで塾のシステムに手を加えない。
 
せいぜい、「早めに学校のワークにとりかかるんだぞ!」って声かけするのを今までより早めるくらいのことしかしない。
 
声かけだけで実行できる生徒なんて多くないですよ。
 
学校の先生や保護者に「勉強しなさい」って声かけされるくらいじゃ動けない生徒たくさんいますよね?
 
それと一緒ですよ。
 
だから塾に頼ってくることになったのを塾側が忘れている。
 
なのに塾でも「遅くても2週間前には定期テスト勉強に取りかかろう!」なんて声かけばかり。
 
それって声かけする人間が学校の先生や保護者から塾の先生に変わっただけじゃないですか。
 
 
 
ワイズミースクールでは、塾での学習に入る前に学校の宿題を終わらせる学習スタイルのコースが存在します。
 
 
 一石二鳥の学習スタイル。もちろん、教材費は無料です!
 
 
お申し込みはこちらから《ワークコース》と書いて面接のお申し込みをお願いいいたします。

松伏で中学受験を考えているご家庭を応援!

中学受験は算数で決まる!

 
算数が得意だと有利な理由
 
一般的に首都圏の中学受験は、国語・算数・理科・社会の4科入試です。
 
一方、関西圏では国語・算数・理科の3科入試が主流になっています。
 
中学受験では、どの科目もまんべんなく高得点が取れれば理想的ですが、なかでも"得意"にしておくと有利な科目があります。
 
それは算数です。
 
実は、中学受験の合否は、算数にかかっているといっても過言ではありません。
 
それにはいくつかの理由はあります。
 
まず一つ目は、中学受験において算数の内容が特殊な点が挙げられます。
 
中学受験の入試問題は、建前上は小学生が習うべき学習範囲から出題されることになっています。
 
ところが、学校の算数のテストでは毎回100点をとる子でも、中学受験専門の塾に通っていなければ、中堅校以下の中学入試問題でも、2、3割しか解くことができません。
 
例えば国語なら、日常使う言語の問題ですから、日常生活の積み重ねや学校の授業が入試でも基礎点になります。
 
ところが、算数では学校の授業では見たこともないような問題が出題されるため、「受験用」の勉強が必要になります。
 
しかも、その内容は膨大で、難易度も高い。そのため、算数は学力に大きな差がつきやすいのです。
 
また、算数の試験は、他の科目と比べて問題数が少ないという特徴があります。
 
小問題がだいたい20問くらいしかないので、100満点であれば1問あたりの配点は5点です。
 
それに対して国語などは小問題の数がずっと多く、例えば30問あるとしたら、1問あたりの配点は3点です。
 
つまり、算数は他の科目よりも問題数が少ない分、1問ミスをした場合のダメージが大きくなってしまうのです。
 
実際、受験者の点数を見ると、そのばらつき具合が一番大きく出る科目は算数です。逆を言えば算数で高得点が取れれば、合格する可能性は非常に高くなるということです。
 
特に関西の場合は、国語・算数・理科の3科目入試のため、その比重は大きくなります。
 
例えば灘中なら、国語200点、算数200点、理科100点の配点となっています。
 
つまり、首都圏よりも一層、算数の得点力が合否にかかってくるということです。算数は、中学受験においてとても重要な科目であることを知っておきましょう。
 

《おすすめコース》

 
 
 

低学年の算数の学習で大切なこと

 
ただし、「先取り学習」が必要といえども、思考力がないとなかなか結果に結びつくのに時間がかかってしまいます。
 
また、思考力がないと中学受験を目指し塾に行ったとしても、大変苦労します。
 
思考力をつけるには、また、数学的頭脳を持つためには、小学校1.2年生の算数が大変重要になってきます。(算数で使うワードをほとんどそこで学習します)
 
 
思考力をつけるために、幼稚園児からの学習を進めています。
 

《おすすめコース》

 
 
算数を得意になる秘訣は、「わかる楽しさ」を教えてあげることです。
 
 
 
 
 
 

国語の成績を上げる3つの条件

 
中学受験で算数が重要であることはよく言われることですが、国語はどうなのでしょうか? 
 
理科・社会に比べると、授業数も入試の配点も高く、重要そうには感じます。
 
しかし、公式を覚え、演習問題で力をつけていくといったように、勉強のやり方が明確な算数と違って、国語は漢字と語句の知識を増やす以外に、何をどう勉強したらよいのかわからないという声を多く聞きます。
 
また、国語は感受性の高さを要求する科目だから、子ども本人が成長しないことには、どうにもならないと思っている親御さんもいるようです。
 
結論から言うと、国語の成績を上げるには、次の3つの条件がそろっている必要があります。
 
①文章を読む力を育てる
②問題を解く力を育てる
③「読む力」と「解く力」のバランスを整える
 
 

文章を読む力の育て方

 
まずは、文章を読む力です。当たり前のことですが、文章の内容がつかめていなければ、国語の問題を解くことは難しいでしょう。
 
国語という科目が、文章の内容を読み取ることを第一の目的にしていることからも、これは当然の条件です。
 
しかし、文章が読めれば、国語の問題が解けるというわけではありません。
 
本を読むのは好きなのに、国語のテストで高得点が取れない子はよくいます。
 
小学校で習う国語では、文章を生徒が思い思いに読んで、感じたことを自由に発表する形で授業が進められていきます。
 
このため、文章を読むことだけに気持ちがいきがちになります。
 
しかし、受験の国語は、他の科目と同様に、設問に答えることで点数がつきます。
 
ですから、解き方が分かっていなければ、点数は伸びません。
 
国語のテストの問題というのは、素材文を読んでいない人でも、「ああ、なるほどね」と理解・納得できる答えを求めています。
 
例えば「『なんとも言えない気持ちになった』とありますが、それはどういうことですか?」という設問であれば、この素材文を読んでいない人たちにも、その登場人物が「悲しい気分になった」ときの状況や理由が分かるように説明しなければなりません。
 
それには、「登場人物が出合った出来事」+「それまでの事情に基づくその人物の受け止め方」+「その結果生まれる感情」といったように、その素材文を読んでいない人にも伝えることができる論理的な思考が必要なのです。
 
一方、読書が好きで、表現力も豊かなのに、テストで点が取れない子というのは、設問に答えているつもりでも、実際は自分の感じたことだけを述べているだけにすぎず、誰にでも納得できる解答になっていないのが、伸びない原因です。
 
でも、そういう子でも、国語のテストの解き方を学べば、確実に成績を上げることができます。

 

《おすすめ教材》

 

《おすすめコース》

 
 
 
 
 
 
 
 
よい高校に入るためだけに頑張らせてきてしまったご家庭ありませんか?
 
大事なのは、合格してからです。合格後、その難関高校でトップクラスでないと、将来必要となる大学には合格できません。
 
私立中学も同じです。入学後、宿題の多さにつかれていませんか?
 
その宿題、簡単に終わらせる方法あります!

 

《おすすめコース》