ホーム>スタッフブログ>学長の一言>《算数・数学》2020年教育改革に対して完璧な対策
学長の一言

《算数・数学》2020年教育改革に対して完璧な対策

教科ごとの対策

 
新制度では、もはや「教科」という括り自体の意味合いが薄れていきますので、教科ごとの対策というのもおかしな話かもしれません。けれども、前のページでお伝えした「基礎力」の部分は、まさに現在の「国語」「数学」「英語」…といった各教科がベースとなっています。教科は当然基礎として重要だけれども、教科を超えた総合力を問われるようになる、といったイメージです。
ここでは、基礎となる各教科の対策について考えていきたいと思います。この基礎をしっかりと身につけることで、「思考力」「実践力」を身につける学習も格段にレベルが上がっていきます。
 
教科ごとの改革方針とその対策
文部科学省より公表されている内容を基に、今後各教科がどのように改革されていくのかと、それに対してどのような対策を取って学習するべきなのかを、考えていきたいと思います。
 

数学

数学において特に重視すべきの能力については、以下のようなイメージ例が公表されています。
 ✓ 確率や統計を用いて、傾向などをとらえる力
 ✓ 類推・演繹・帰納などにより推論する力
 ✓ 事象を数学的にとらえ、論理的に思考する力
 ✓ 事象から本質を見出し、抽象化したり一般化したりする力
 ✓ 仮説を立て、検証する力
 ✓ 必要な情報を選択し、それを問題の解決に活用する力
 ✓ 数学的に解釈し表現する力
 ✓ データをとる力
今までの「数学」だけを学習していたのでは通用しない、と言うことが良くわかると思います。まずは「数学」を学習する際に「なぜそうなるのか」といった概念をしっかりと理解し、それをあらゆる分野で応用・活用できるようにならなければなりません。
 
これは《スーパー飛び級コース》の小学生用算数教材です。
 
実際小学6年生が終わらしたプリントです。
 
20181123171459.png20181123171531.png20181123171550.png20181123171612.png20181123171629.png20181123171645.png
 
この教材を見て『いい教材だ!』と感じてくれた保護者様はさすがです。
ただただ、しっかり読んで問題を解いていけば、上記にも書かれている「なぜそうなるのか」を理解しあらゆる分野で応用・活用できるようになります。
 
算数数学で鬼門の『速さ・道のり・時間』の問題もこのように簡単に解けるようになります。
もちろん『み・は・じ』も使いますが、それを使う前に概念がしっかり理解できます。
 
国語同様、重要なところ・気になったところは完璧にマークしてもらいます。
 
「わからない・間違った問題」が出てきたときはどうするのでしょうか?
 
なぜわからないのか、どこが解らないのか、どうしても違えたのか・なぜ間違えたのかを考えさせ、ヒントの何も与えません。
プリントの隅から隅まで読み返してもらえば、絶対に理解できるようになっています。
 
自分で気づき自分で理解できる教材です。
 
もちろん思考力もつきますし、自主学習力もつきます。
 
 
そして、この後は応用問題です!
 
慣れてしまえば、60分で上記の4倍こなせます。どんどん飛び級出来ます!
 
例えばこれは、小2からスーパー飛び級コースで学んだ例です。
 
20181123173527.jpg
中2で高3の学習が終わっています。
 
高校受験は、高校3年生の成績が優秀な子が、高校受験をするイメージになります。
どんな難関校でも、楽に合格できる気がしませんか??
 
 
また、公立高校で難関校を希望する場合の数学の出題範囲(学校選択問題)は中3の範囲が多くしめています。
 
ということは、学校のペースで勉強をしていても受験対策には間に合わないということです。
やるべきことは、先取り教育です!
 
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wisemeschool.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/547