ホーム>スタッフブログ>【【高校受験絶対合格勉強法】】

【【高校受験絶対合格勉強法】】

最後に

受験で悩むお子さんと保護者様の手助けになれば・・・そんな想いで書きました。

ここに書かれていることは、私が塾で実践して成果があったことだけです。

お子さんがこの方法を実践していただければ、必ず何らかの成果が出ると思います。

そして、合格への道が開かれると信じています。

ただ、「勉強しなさい」と言う前に

 

保護者さまに実行してほしいことがあります。

 

● お子さんに合格できると思わせること。

● お父さん、お母さんが心の底からお子さんの合格を信じること。

● 頑張っている姿を見たら、努力を認めること。

● できないことを責めるより、できたことを褒めること。

● 一個の尊い存在として見守ること。

 

合格する子の保護者の方の共通する生活習慣があります。

 

● 自分の子供を褒める、励ます、認める。

● 懇談で、我が子の悪口をいわない。

● 成績が悪いときがあっても、子供を責めない。

● 受験のつらさも共有する。

● ずっとずっと応援を続ける

 

子供はいつも親を気にかけています

 

塾をやっていて、子供が一番喜ぶのはどんな瞬間かわかりました。

成績が上がったとき? 高校に合格したとき? 違います。

 

お父さんやお母さんに褒められたときです。

 

一番身近な人に褒められると、自分は生きていていいのだと思えます。

一番身近な人に認められると、自分は価値ある存在だと思えます。

私はときどき授業でモチベーショントーク(気持ちを高める話)をします。

 

ある日、生徒達にこんな質問を投げかけました。

尊敬する人は? 「両親」とこたえる生徒が少なくないのです。

また、第一志望の高校に落ちた子は私に言うのです。

「親に迷惑かけてしまった。」「親に申し訳ないと思う。」「親に悪いことした」

実は、素振りを見せなくても、お子さんは親の期待にこたえたいと思っています。

お子さんが困ったとき、頼るのはだれでしょう

。 今はクラスの友達や部活動の仲間が相談しやすいでしょう。

しかし、大人になってから一番頼りになるのは親です。

どうか、お子さんにとって最良の受験パートナーであってください。 

 

こちらで、教育相談を受け付けます。

遠慮なく、ご相談ください。

日本家庭教育学会で研究をしていますので、思春期のお子さんに何しては知識は持っています。

20173152260.png

みんなで、お子さんを盛り上げていきましょう!

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

塾選びのコツ

友達に「○○塾ってどう?」と聞いてみる。

または近所の方に「□□ゼミは~だそうよ」と評判を聞く。

「あそこの△△ちゃんは・・・塾で成績上がったんだって!」という話もあるでしょう。

「○○くんは□□高校に合格だって!塾はどこへ行っていたの?」 塾を検討するのであれば、ひとの話を聞くのは当たり前です。

大切なお子さんを預けるのですから慎重になって当然です。

 

しかし、塾へ通うのは本人です。

 

塾へ行って勉強するのはお子さん自身です。

 

お子さんと、うわさで聞いた「○○くん」とは別人であるということを意識してください。

「うちの子にとってよいのはどんな塾か?」を考えてあげるのが先だと思います。

 

残念ながら、塾へ通っている100%の子供の成績が上がるとは限らないのです。

 

ウワサになる子供は、うわさになるほど目立っている子供がいるということだけで、 そのほかにも大勢の生徒がいるのです。

「うちの子は、集団授業では質問などもしにくいだろう。少人数のほうがいい。」

「集団の中で競争したほうが、うちの子にはよさそう」

「一対一でじっくりみてもらったほうがいい」

「家から近くて通いやすいのが一番」

「夜遅くて心配だし、送り迎えもできそうになりから家庭教師かな」

「うちの子は数学だけ習いたいから単科の塾がいい」

まずは、何を最優先にするのか家族のみんなで考えてみましょう。

 

そして、いくつかの塾が候補にあがりましたら、体験授業を受けさせることをオススメ します。

 

入塾したあとで、「こんなはずじゃなかった!」と後悔するのは悲しいです。

教室の雰囲気はどうか(質問できそうか)。

先生はどんな人か(わかりやすくて当たり前です)。

宿題はどれくらい出るか(無理がない量か) 実際にお子さんがその塾で一緒に勉強してみて、お子さんが続けていけそうなら正式 な入塾を検討します。

体験授業の「想像していたのとは違った」という感想は珍しくありません。

保護者さまが先導して塾を選ぶ場合も、お子さんが納得した上で入塾しないと それが成績の伸び悩む原因になりかねません。 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

塾で成績アップを望むなら

塾の役割は成績アップです。

そして、志望高校に合格させることです。

しかし、塾に行けば自動的に成績があがるわけではありません

教えてもらったことも、復習して自分でできるようにならないと成績は上がりません。

そこで多くの塾は、宿題を出して知識や解法を定着させようとするわけです。

宿題がない塾もまれにありますが、その場合は単元ごとの確認テストがあって 「合格しなければ追試」という形をとるなどします。

要するに、生徒が自分ひとりで問題を解くことができるように仕向けるわけです。

テストは生徒が受けるものだし、テスト中は誰も教えてくれないからです。

塾は自分で問題を解けるようになるために利用する、手段に過ぎません。

塾へ通っても、宿題をしなければ成績は上がらないと考えてください。

教えてもらったことが定着しなければ、点数に結びつくことはありません。

定着するかしないかは、本人の努力によって決まると考えてください。 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

家庭教師に頼むなら

家庭教師や完全個別の塾。批判するつもりはまったくありません。

私も家庭教師の経験がありますし、素晴らしい先生はいます。

一対一の指導で素晴らしい実績をあげている塾も存在します。

もしお子さんに家庭教師をつけていて成績が上がっていないとしたら、こんなケース ではないでしょうか。

 

「 一対一なので、わからない問題は、丁寧に手取り足取り教えてもらっている。」

繰り返しますが、自分で問題を解けるようになってはじめて成績は上がります。

「先生、これわかりません」

「あーこれはね。 これをこうして、こうなって、こうでしょ? ほら、できた。」 できたのは先生です。

 

先生の自己満足で終わってしまい、生徒はできるようになっていない。

 

生徒は生徒で、「説明がわかりやすい」と満足している。

「わかりやすい説明」に月謝を払っているのならそれでいいのですが、 教えてもらったあとで、お子さん自身が問題を解きなおす時間があるかどうか、 お子さんに知識を定着させるようなシステムがあるかどうか、ここが大切です。

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

ご自身で教えるときは

お子さんの勉強を保護者の方が教えるケースは少なくありません。

温かい感じがして、とても良いことだと思いますが、うまくいかない場合もあります。

うまくいかない場合の共通点は「うちの子に限って!と熱くなってしまう」ということです。

身内であり、家族であり、自分の子供だけに「熱く」なってしまうのです。

 

「うちの子に限って!」と思った瞬間、すべてのバランスが崩れます。

 

うちの子はうちの子なのです。

 

親が指導をして、親より上のレベルに行くことはありません。

勉強以外でもなんでもそうです。

 

人とかかわることで、子どもは成長しいろんなことを吸収します。

 

親が子どもに教えられる事は、しつけだけ!

しつけも教えられない親に、他のことを教えることはできない!

 

これ、絶対です。

 

熱さも入りますが、それ以上に「甘さ」も親子には存在します。

いくらきつく怒っても、ご飯は食べさせなくてはいけません。

 

そんなこと、子どもはわかっているのです。

 

いくら怒られても、いつか親が根負けすると子どもは計算しています。

 

そこをクリアできる自信がないならば、家庭での指導はマイナスになってしまいます。

 

『断固たる決意』で子どもと向き合ってください。

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

怒っても何の解決にもならない

 私の職業は塾経営者です。

長い間、この職業に携わってきました。

多くの学びがありましたが、その中でも中学生指導においてはっきりとわかったことが あります。

それは、 叱り、責めても子供に良い変化は一つも起きない。

ということです。 もちろん、生徒の成績を上げ、高校に合格させてお金をいただいているわけですから、 生徒が宿題をしてこない時など、努力を怠っているときは叱ります。

しかし昔のように、「なにくそ根性」をもっている中学生はほとんどいません。

ガツンと叱ると、それっきり退塾してしまうこともあります。

これを家庭にあてはめると、どうなるでしょうか。

「もう、お父さんには教えてもらわない!」

「お母さんにきいても怒られるからイヤ!」

残念ながら一度壊れてしまった関係は、修復に多大な時間と労力を必要とします。 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

10秒ルール

もちろん私も、生徒に対して腹が立つときがあります。

 

遅刻が多い生徒・・・、

宿題をやってこない生徒、

何度も同じミスを繰り返す生徒・・・・・

 

カチンときたときは怒鳴りたくなります。

 

そんなときは10秒だけガマンするようにします。

 

10秒だけ自分の感情を抑えることだけに集中します。

ゆっくり言葉を選ぶようにして、「どうすればよいか一緒に」考えるようにします。

周囲にほかの生徒もいますし、その場で怒鳴ると空気も悪くなります。

10秒だけ、がまんしてみてください。

「また間違えて・・・・何回いえばわかるの?」 「あんたバカじゃない・・・?」 「そんなんじゃ合格できないよ?」 こういった言葉は厳禁です。

 

こちらの思っている以上に、お子さんの心に刺さってしまい、長く記憶されます。 10秒で、これらの言葉を飲み込んでください。 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

つきっきりでは限界がくる

小学生のうちは、ある程度の強制力をもって机に向かわせるべきです。

しかし、それは小学生までにしておきましょう。

中学生の高校受験では、保護者の方も教えられない部分が出てきます。

また、高校に無事に合格できても大学受験はどうでしょうか?

 

ですから、できるだけ中学生のうちに「自立」に向かわせましょう。

お子さんが「この問題がわからない」と言い出したら、

「前に同じような問題はなかった?」 「学校のノートか参考書に書いてない?」 「学校の先生なら教えてくれると思うよ」 などと、自分で解決する方向で導きます。

 

「教えてあげたい」という気持ちは大変よく理解できますが、少しずつ距離を置いてく ださい。

そして、反復練習をきちんとしているかどうか、「わかる」だけでなく「できる」ようになっ ているか、チェックだけはしてあげてください。 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

体力面:生活習慣を守らせる

7月で部活動の最後の大会も終わると、学校からすぐに家に帰ることになります。

今までの生活とはリズムが変わり、体力が余ってきます。

そのエネルギーを勉強に向けられれば良いのですが、なかなか切り替えができない 子も少なくありません。

平日の夕方はダラダラ過ごしてしまい、メール、マンガ、ゲームに夢中。

夜更かしが増えてくる。 土曜や日曜の午前中はいつまでも寝ている・・・・。 そんなお子さんには、まず「生活習慣」をつくりましょう。

「健康な身体は健康な心をつくる」といいます。

 

土曜・日曜も早起き

三食きっちり食べさせる

登校日の夕方は学校で自習させる

夜11時には寝かせる 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

技術面

第一章からの「勉強方法」をお読みになっていない方は、大変お手数をおかけします が、ご一読いただくことをお願いたします。

お読みいただきましたら、ここにあらためて科目ごとの「核」となる部分をまとめておき ますので、お子さんへのアドバイスとしてご利用ください。

「叱らない・説教しない・バカにしない」そして、つきっきりで教えないことが前提です。

目標・アファーメーションについて ご家族でアファーメーションをするときに、一つだけ注意点があります。

ご家族のみなさんが決めたアファーについて、他の人は何も言わないということです。

 

例えば、お子さんが「次の期末テストで300点を取る!」と宣言したとしましょう。

親としては「もっと高い目標にしてほしいな」と思うかもしれません。

そこは、ぐっとこらえてください。 アファーメーションは肯定的宣言であり、目標設定でありますが、同時に 自己責任の宣言でもあるからです。

言い訳ができないので、自分で自分にプレッシャーをかける行為です。

ですから、300点を受け入れて応援してあげてください。

自分で考えて決めたアファーです。

お子さんはきっと頑張ることでしょう。

(受験高校については、ご家庭のいろいろな事情がおありでしょうから、 十分なお話合いの上で決定してください。)

ここでは、声掛けの仕方をまとめてみました。

「こんなのもわかんないの?」「何回言ったらわかるの?」などは禁句です。 

 

2017315213321.png

2017315213359.png

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】