ホーム>スタッフブログ>【【高校受験絶対合格勉強法】】> 《第5章 理科・社会の勉強法》

 《第5章 理科・社会の勉強法》

1.苦手なところをはっきりさせよう!

理科・社会の単元です。

 

苦手なところから、克服していきましょう!!

 

201731422627.png

201731422647.png

20173142276.png

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

2.暗記したくないけど、しなきゃならない

【暗記したくないけど、しなきゃならない】

そんな時は《マインドマップ》勉強法です。遊びながらできますよ!!

 
きみの住む地域は雪が降りますか?
 
雪が降る地域のきみは、雪だるまを作ったことがあるでしょ?
 
雪だるまを作るとき、最初に何をしますか?
 
両手で雪を取って、それを固めて雪玉を作るよね?
 
その雪玉を雪の上に転がしていくと、雪玉の周りに雪が付いて大きくなっていくね。
 
社会の勉強も雪だるまを作るように、
 

1、最初は知識の中心となる「核」を作る。

 
その核に、
 

2、関係のある知識をつなげて覚えている量を増やしていきます。

 
最初から細かいことまで全部覚えようとすると、シンドイし、やる気をなくします。 
 
 
楽しく勉強しましょう!
 
 
 
真ん中に《核》を作って、それに関係していることを書いていくだけです。
 
人に見せるのを前提に書いてみよう!色なんかたくさん使って!
 
楽しくなりますよ~
 
2017314215632.jpg2017314215644.jpg
 
つながりで覚えていくので、何か一つ忘れても、何か一つ思い出せれば、ヒラメクことがあります!!
 
これなら、ま~勉強しようって気になりませんか??
 
前の苦手な単元をやってみるといいですよね!!
 
 
 
社会は、《時代ごと》に覚えるとテストで点数をとりやすくなりますよ!
 
暗記がなくても点数がとれる教材です!
 
 
 
 
 
 
………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】

3.わからないけど考える

『わからないけど考える』

理科社会は絶対にこの考えが大切です。

理科社会は暗記科目と言われていますが、確かに覚えること必要です。

ただ、理科社会は問題に図、表などがたくさんあります。そこに答えがある問題も少なくありません。

図・表を見て考えれば出来てしまうのです。

「めんどくせ~」と言わず、考えてみてください!

 

【暗記しなくても、勉強していなくても答えがわかる】と思えば、「めんどくせ~」なんて思わなくなるのではないのでしょうか?

 

受験テクニックを使った例です!

5教科のテクニックを北辰テストの過去問を使ってやってみました!

これで5教科100点UP!

 

↑このテクニックを5教科指導しています。

 

理科・社会これだけは絶対覚えろ!教材!

「これだけ覚えれば何とかなる!!」

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】