ホーム>スタッフブログ>【【高校受験絶対合格勉強法】】> 《第7章》面接の極意>  面接当日アドバイス

  面接当日アドバイス

3、面接当日アドバイス

さて、質問の答えが用意できたら覚えてしまおう。

覚えたら、お父さんやお母さんに面接官役になってもらって練習してみよう。

練習といっても緊張するだろうけど、その緊張感に慣れるための練習だから。 (友達同士だと緊張しないので、面接官は大人の人がいいね。)

 

では、ここでアドバイスです。

 

覚えてきた答えを一字一句間違えないように話そうとしないこと。

 

思いだそうとするあまり、上や横を見てしまう子がいます。

落ち着いて、先生の顔を見よう。

それから、いざ先生の目の前に座ると頭が真っ白!なんてこともありうる。

練習してあった質問なのに・・・・あれ?何だっけ?忘れてしまった! そんなときは、「もう一度おっしゃっていただけませんか?」「少し時間をください」と 答えればいいよ。

 

相手はプロです。

 

君が緊張していることも、学校や家で練習してきたことも知っています。

 

深呼吸するなりして、落ち着いたら自分の言葉で話そう。

君が言葉につまっても、減点にはなりません。

まして、それで不合格にはなりません。 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】