ホーム>スタッフブログ>【【高校受験絶対合格勉強法】】> 《最後に》

 《最後に》

最後に

受験で悩むお子さんと保護者様の手助けになれば・・・そんな想いで書きました。

ここに書かれていることは、私が塾で実践して成果があったことだけです。

お子さんがこの方法を実践していただければ、必ず何らかの成果が出ると思います。

そして、合格への道が開かれると信じています。

ただ、「勉強しなさい」と言う前に

 

保護者さまに実行してほしいことがあります。

 

● お子さんに合格できると思わせること。

● お父さん、お母さんが心の底からお子さんの合格を信じること。

● 頑張っている姿を見たら、努力を認めること。

● できないことを責めるより、できたことを褒めること。

● 一個の尊い存在として見守ること。

 

合格する子の保護者の方の共通する生活習慣があります。

 

● 自分の子供を褒める、励ます、認める。

● 懇談で、我が子の悪口をいわない。

● 成績が悪いときがあっても、子供を責めない。

● 受験のつらさも共有する。

● ずっとずっと応援を続ける

 

子供はいつも親を気にかけています

 

塾をやっていて、子供が一番喜ぶのはどんな瞬間かわかりました。

成績が上がったとき? 高校に合格したとき? 違います。

 

お父さんやお母さんに褒められたときです。

 

一番身近な人に褒められると、自分は生きていていいのだと思えます。

一番身近な人に認められると、自分は価値ある存在だと思えます。

私はときどき授業でモチベーショントーク(気持ちを高める話)をします。

 

ある日、生徒達にこんな質問を投げかけました。

尊敬する人は? 「両親」とこたえる生徒が少なくないのです。

また、第一志望の高校に落ちた子は私に言うのです。

「親に迷惑かけてしまった。」「親に申し訳ないと思う。」「親に悪いことした」

実は、素振りを見せなくても、お子さんは親の期待にこたえたいと思っています。

お子さんが困ったとき、頼るのはだれでしょう

。 今はクラスの友達や部活動の仲間が相談しやすいでしょう。

しかし、大人になってから一番頼りになるのは親です。

どうか、お子さんにとって最良の受験パートナーであってください。 

 

こちらで、教育相談を受け付けます。

遠慮なく、ご相談ください。

日本家庭教育学会で研究をしていますので、思春期のお子さんに何しては知識は持っています。

20173152260.png

みんなで、お子さんを盛り上げていきましょう!

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………
 
 
【【高校受験絶対合格勉強法】】